Home > 改善・提案事例 | > その他

その他

鋳物工場の鋳物冷却中の排熱で問題解決

あるお客様の悩み

鋳物工場で鋳型に注湯した鋳物を工場内で放置した状態で冷却しているため、工場内に熱が放出され、工場内の温度が上がり夏場になると作業者が熱中症になって困っていた

工場内の温度が上がらないように、鋳物の熱を遮断しながら排熱する方法を考案しました。

改善方法

  1. 断熱性のよい耐熱パネルで囲う。
  2. 室内に熱が溜まらないように、排気装置で排気。
  3. 鋳物台車の出し入れの作業性を考慮して扉は入口・出口の2箇所設置。
  4. パネルに台車をぶつけて破損しないようにガードを設置。

以上の4点に留意して設計・製作を進めました。

結果は下の写真の通りです。

改善前

鋳物工場の鋳物冷却中の排熱で問題解決

改善後

鋳物工場の鋳物冷却中の排熱で問題解決

塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決

弊社は洗浄機専門メーカーではありませんが、弊社の経験や技術力で課題に取り組んだ事例を紹介します。

あるお客様の悩み

塗装ラインにおいて塗装時に製品を支える冶具を使用するが、冶具にも塗料が付着してしまう。
付着した塗料は固着し、次第に大きな塊になってしまう。

そのため定期的に冶具に固着した塗料を剥離させる作業が必要となるが、塗料の付着物は弾力があるうえに厚くなっており、少々の事では剥離させるのは困難で、非常に作業効率が悪かった。

剥離方法を検討の結果

  1. 剥離剤を酸やアルカリ以外のものにする
  2. 超音波を使用して効果を上げる
  3. バッチ式とし剥離時間を調整できるようにする

以上の3点に留意して設計・製作を薦めました。結果は処理後の写真の通りです。

修理前

塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決
塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決

修理後

塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決
塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決

お客様より、剥離作業が簡単に出来るようになり大変喜んでいただきました。

剥離槽

塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決

剥がれた塗料

塗装の治具に付着する塗料の剥離の問題解決

風速表示付集塵機導入事例

お客様のご要望

金属研磨により発生する粉じんを捕集するするため集塵機の導入を検討しているが、フィルタの目詰まりやダクト内の詰まりなど各種要因で適切に局所排気されない問題が生ずると困る。そこでダクト内部の風速(風量)を数値管理したいので風速表示器付きの集塵機が欲しい。

導入事例

ダクト内の風速を監視できるよう表示器を取り付けた。
一般的にはフィルタの差圧を表示することでフィルタ目詰まりやフィルタ寿命を管理することが多いが、今回のように風速(風量)を表示することも可能です。

追加事例⑥-風速表示付集塵機導入事例

TEL:0256-97-48-46 お問い合わせ

ホーム > 改善・提案事例 | > その他

オリジナル集塵機
ページのトップへ戻る
TEL:0256-97-48-46