Home > 改善・提案事例 | > 腐食

腐食

サイクロン集塵機入れ替え事例

研磨工場のサイクロン式集塵機が老朽化したので更新しました。

更新年月:2016年10月

  • 送風機1973年製  サイクロン1990年製
  • 風量 400m3/min

導入前

サイクロン集塵機入れ替え事例

以下の問題を抱えていました。

  • ダクト、サイクロン共に錆びて多数の穴が開いており、空気漏れがたくさんある。
  • 粉塵取り出し扉の空気漏れがあり、捕集した粉塵が外部に漏れている。
  • 送風機のベルトのスリップがあり所定の回転数が得られていない。
  • 送風機のバランスが崩れており、振動、騒音が大きい。
  • 実際に(フードにて)風量を測定すると240m3/minしか出ていなかった。
  • それにより風量不足となり、研磨作業の作業環境が悪くなっている。
  • 37kW送風機を使用していた。

導入後

サイクロン集塵機入れ替え事例

  • 新規のサイクロン、ダクトおよび送風機に全面リニューアル。
  • 送風機はコストの都合上30kWに変更したが、圧損計算を行いダクト径や経路の適正化を行うことで、据付後に測定したところ430m3/minと十分な風量が得られた。
  • 送風機の騒音、振動も低くなりました。
  • 研磨作業に適した風量が出るようになり、作業場での粉塵の飛散が軽減されました。

溶融亜鉛メッキ仕上集塵機導入事例

WPシリーズは使用状況により溶融亜鉛メッキ仕上げで製作出来ます。

パネル工法で大型の集塵機も製作可能です。

溶融亜鉛メッキ工場での局排装置の集塵に納入実績があります。腐蝕対策に効果があります。

製作例

亜鉛メッキ集塵機

制御盤も溶融亜鉛メッキで作れます
(画像は屋外用)

型番 WP-192L12HD
フィルター面積 364m2
6000mm
奥行 2000mm
高さ 7600mm(上部手すりを除く)
用途 溶融亜鉛メッキ槽局排

制御盤

パネルで製作組立します。現地での組立も出来ます。
(現地で組立出来ない部品もあります)

パネルでの組立2

上部フィルター点検口
(一部溶融亜鉛メッキが出来ない部品もあります)

亜鉛メッキ集塵機 天面

ホッパーは分割にて製作します

ホッパー

TEL:0256-97-48-46 お問い合わせ

ホーム > 改善・提案事例 | > 腐食

オリジナル集塵機
ページのトップへ戻る
TEL:0256-97-48-46