Home > パイプ加工業 | 煙や臭い > 有機溶剤局排装置改善事例

有機溶剤局排装置改善事例

有機溶剤の臭いが強く、頭痛がするなど障害が出ているので改善依頼がありました。

ステンレスの鋼材を切断する機械で、ロットを変える時にローラーを有機溶剤で洗浄します。
局排装置が付いていましたが、フードの設置と送風機の能力が適切でなく十分な効果が出ていない現場がありました。
有機溶剤の臭いが強く、頭痛がするなど障害が出ているので改善の依頼がありました。

改善前

有機溶剤局排装置改善事例

[1] フード

有機溶剤は空気より重いので発生源により上に設置するのは効率が悪い

[2] ダクト

径が細く、抵抗が大きい

[3] 発生源

(ローラーの清掃で発生)

[4] 送風機

風量が足りない
形式が適正でない
(風量と静圧が適正でない)

改善後

有機溶剤局排装置改善事例

[1-1] 既存フード

既存のフードはこの後取り外しました。

2] ダクト

風量に合わせて交換しました。
抵抗が少なくなるように、径を決定。

[1-2] 新設フード

発生源の下に配置しました。
キャスター付きなのでメンテナンスの時、移動可能。

有機溶剤局排装置改善事例

[4] 送風機

風量が出せるようになりました。
適切な設計が必要です。
写真の送風機は、風量75m3/分 2.2kw です。

[5] 排気ダクト

有機溶剤は屋根の上 1.5m以上に排気口を設置する規定があります。

有機溶剤局排装置改善事例

有機溶剤を使用して作業するには、局所排気装置が必要です。
有機溶剤中毒防止規則により、労働基準監督署に届出が必要です。

TEL:0256-97-48-46 お問い合わせ

Home > パイプ加工業 | 煙や臭い > 有機溶剤局排装置改善事例

オリジナル集塵機
ページのトップへ戻る
TEL:0256-97-48-46