Home > メッキ加工業 | 煙や臭い > 換気に関する事例:溶融亜鉛めっき局排装置

換気に関する事例:溶融亜鉛めっき局排装置

溶融亜鉛めっき局排装置

 溶融亜鉛メッキ工程で発生する亜鉛ヒューム及びフラックスによる塩化アンモニウムヒュームにより、工場内が白い煙と強烈な臭いで作業環境を汚染します。

 弊社はメッキ槽に最適な局排フードを設計製作し、集塵機とともに導入設置し作業環境を大幅に改善することが出来ました。

亜鉛めっき槽のフードの施工例

亜鉛めっき槽のフードの施工例

溶融亜鉛メッキ槽フードとセットで施工した集塵機

溶融亜鉛メッキ槽フードとセットで施工した集塵機

 溶融亜鉛めっきの集塵には専用の集塵機が必要です。
 汎用集塵機を使用すると、フィルターの粉塵の剥離が悪く短時間でフィルターが目詰まりしてしまうので、目詰まりしないように設計しています。
 塩化アンモニウムが結露すると、強い腐食性があるので、耐食性の対策がなされています。

 炉から発生したヒュームを効率的に集塵するため、最適なフードと風量の設計を行っています。

集塵機総合カタログ

PDFファイル(3631KB)集塵機総合カタログダウンロード でご用意しました。

※ ご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader (無料)が必要です。

TEL:0256-97-48-46 お問い合わせ

Home > メッキ加工業 | 煙や臭い > 換気に関する事例:溶融亜鉛めっき局排装置

オリジナル集塵機
ページのトップへ戻る
TEL:0256-97-48-46