Home > 研磨工場 | 腐食 > サイクロン集塵機入れ替え事例

サイクロン集塵機入れ替え事例

研磨工場のサイクロン式集塵機が老朽化したので更新しました。

更新年月:2016年10月

  • 送風機1973年製  サイクロン1990年製
  • 風量 400m3/min

導入前

サイクロン集塵機入れ替え事例

以下の問題を抱えていました。

  • ダクト、サイクロン共に錆びて多数の穴が開いており、空気漏れがたくさんある。
  • 粉塵取り出し扉の空気漏れがあり、捕集した粉塵が外部に漏れている。
  • 送風機のベルトのスリップがあり所定の回転数が得られていない。
  • 送風機のバランスが崩れており、振動、騒音が大きい。
  • 実際に(フードにて)風量を測定すると240m3/minしか出ていなかった。
  • それにより風量不足となり、研磨作業の作業環境が悪くなっている。
  • 37kW送風機を使用していた。

導入後

サイクロン集塵機入れ替え事例

  • 新規のサイクロン、ダクトおよび送風機に全面リニューアル。
  • 送風機はコストの都合上30kWに変更したが、圧損計算を行いダクト径や経路の適正化を行うことで、据付後に測定したところ430m3/minと十分な風量が得られた。
  • 送風機の騒音、振動も低くなりました。
  • 研磨作業に適した風量が出るようになり、作業場での粉塵の飛散が軽減されました。
TEL:0256-97-48-46 お問い合わせ

Home > 研磨工場 | 腐食 > サイクロン集塵機入れ替え事例

オリジナル集塵機
ページのトップへ戻る
TEL:0256-97-48-46